ABOUT

手紙人

手紙人とは?


この企画は「大切な人(モノでも可)」宛てに一枚の紙に手紙を書いてもらい、
写真家 東京神父が「手」「紙」「人」という3つの角度からそれぞれの個性を撮影するというもの。
ルールはたったひとつ「一枚の紙に大切な人への手紙を書く」
直筆の手紙ならではのそれぞれの言葉にそれぞれの想い。あなたなら、誰にどんな手紙を書きますか?

手紙人を見る / 手紙人になる

文字に隠された個性を暴く


「この人は誰にどういう手紙をどんな文字で書くのか?」単純に僕自身がそれを知りたい。そんな想いからこの企画はスタートしました。

携帯やソーシャルネットワークが普及し、手紙を書くという行為自体が日常的ではなくなってしまいましたが、手書きの文字にしかない温かみや力強さ、記号的ではない、個性がそこにはあると思います。

手紙はとても個人的なもので、まして大切な人への手紙は本来、誰かに見せるようなものではないかもしれません。
しかし、あえて直筆の手紙を撮ることで、その人の個性を暴いてみたかった。文字も文章も書き方も書く相手も人それぞれ。

言葉では伝わらないこともありますが、
言葉でしか伝えられないこともあります。

「手紙人」を見て、あなたが誰か大切な人に手紙を書こうと思ってくれたならそんなに嬉しいことはありません。

東京神父

twitter / facebook / instagram / official site